太陽光発電プラス蓄電池の併用


近年、毎年のように日本で多発する自然災害。台風や様々な災害、また地震などによる数日間続く停電も稀ではなくなってきています。

晴れている時は電気が使えます。ですが太陽光パネルのみでは、曇りや夜などは当然、発電できないため一番灯りが欲しい夜間は不安に。

特に電気だけに頼るオール電化住宅では、IH調理器やエコキュートは利用できず、料理もお風呂に入ることもできないのが現状です。これでは災害時の電力源として十分とは言えません。

既存の電気を買う生活から、自分で電気を発電し、その電気をためて使う、つまり所有する新たなエネルギーライフ。

今まで通り全ての電気を不自由なく使えるのは当たり前に今後心配な電気料金の更なる値上がりや、気候変動などで増加する災害などによる停電などすべてを解決することができます。

太陽光で発電した電気や安い夜間電力を蓄電池にためて、夜間や朝、お天気が悪い翌日など、必要な時に使えるので経済的。

蓄電池にためて電気を所有することで、高騰していく電気代も減らすことができます。

太陽から頂く恵みとして自然光の光を電力として有効利用し、尚且つ電力を備蓄できる設備の付加価値を見いだすもの。

そこで蓄電池設備の併用を試みませんか。

昨今の異常気象を引き起こす原因のひとつとして考えられているものに、化石燃料の燃焼により発生する二酸化炭素(CO2)に起因した「地球温暖化」があります。


脱炭素社会の今、停電時の時にも使用できる蓄電池設備を併用したら、万が一の災害にも

対応できます。

あなたも一度ご検討致しませんか。ご連絡をお待ちしております。

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示