神楽坂 Mビル 屋外階段の床シート貼り

ウレタン塗装が5年程度ではがれてしまったのでと、共用階段の床シート貼りのご依頼を受けました。

意匠にこだわった建物で、テナント飲食店へ続く階段なので、強度に加えて美観も重要。

マットな質感で上品な柄を選定し、継ぎ目は最小限にしてスッキリと納めました。


よくある共用廊下用のシートなのですが、最近は意匠性もアップしています。

工程をご紹介しますので、同じお悩みのある方はぜひ工事をご検討いただければと思います。



- 工程 -


①剥がれてきている部分とその周囲の既存ウレタンを、可能な限りケレンで撤去していきます。

あまり無理に剥がすとコンクリートが痛んでしまうので、適度な加減で除去します。


②水洗いをし、十分に乾燥させて、きれいな表面を準備します。

③不陸緩和のために、ケレンがけをしたところの一部にタキボンドを充填し、さらにウレタン防水を施します。

④床シート材用にウレタン防水を施します。 両サイドに100mm程度が目安です。

⑤床シートを貼っていきます。 踏面が広い部分はタキストロンとコネクトステップ(段鼻)を、通常の階段部分はタキステップを貼り、溶接します。 貼り分けについては現場できちんと打ち合わせをします。

⑥端末にシールを打って完成です。





24回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示