top of page

タタミの魅力

皆さん一度は経験はあるでしょうか、畳のあの心地よい香りは、

私たちの心をとてもリラックスさせてくれます。



畳は日本において古くからの床材の一つですが、近年はフローリング床等の

選択肢も増え、和室自体が無い家も多くなってきました。


現代の生活習慣やスタイルが畳での

床座の暮らしから、テーブルやイス、

ソファーなどの



洋風家具を使った暮らしとへ変わってきた影響で、畳が要求される事も変化してきます。


かつては家族の団欒場として、畳部屋で食卓を囲む「普通の日本家庭」のような

大家族の暮らしでしたが、現代は世帯構成も複雑多様化し、

家族の団欒の場であるリビングは多人数を想定しなくてもフローリングの部屋に

テーブルやイス程度で事足りるようになりました。


畳の用途は時代や生活様式の流れと共に変化してきましたが、畳の落ち着く香りや

クッション性の高さは体の疲れを軽減してくれますし、階下への生活音を

軽減してくれるなど、現代でも変わらない優れた床建材です。


その魅力を改めて確認しましょう!



 

夏は涼しく、冬に暖かい 清潔で調湿性、クッション性も高い


フローリングの洋部屋ではやりづらく、畳の部屋で気兼ねなくできる事といえば、

何も敷かないで大の字に横になれること。


畳表に使われているいぐさの良い香りがある事ももちろん、稲わらを重ねて作る畳床には

クッション性があります。


そのため、布団等がなくても適度な固さと柔らかさが有るので、楽に寝転がる事が

できてしまうんですね。


また畳は、稲わらで編んだムシロを何層にも重ねて作るので、空気を多く含みます。

熱を伝えにくい空気がたくさんあることで、断熱、保温性がはたらき、

気温にも大きく影響を受けず、夏は涼しく、冬は暖かに過ごすことができます。


調湿性も高く、空気中の湿度を自然に調整してくれるので、体感温度を快適に保ち一年中を通して、快適に過ごせるのは大変に魅力的です。


 

もちろん、メリットだけではなく畳にはデメリットも存在します。


それは掃除や管理に手間が掛かるということ。


畳の上に飲み物等をこぼすと、すぐに染み込んでしまいます。一度シミになってしまうと

なかなか落ちないため、掃除が大変です。


また畳も天然素材なので、汗やホコリなどの汚れを溜め込みがちに。

その為、定期的に裏返さないと、ダニやカビが増えてしまう原因にもなります。

その反面、フローリング床の掃除は簡単ですよね。


利用する人の好みは有りますが、畳の有る部屋と洋室をうまく組み合わせれば、それぞれの良さを享受できますよ。


住宅に関するお悩みは神明建築工房へ!

住まいに関するプロ達が、皆様のご相談をお待ちしております!

閲覧数:35回

最新記事

すべて表示

収納棚

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page