top of page

2世帯住宅から考える建築計画

最近のお客様の中に2世帯住宅を建てたいのだけれど、

どうすればよいのかと聞くことがあります。


どこを重視したらよいのか特徴を見ながら考えてみましょう。

2世帯住宅には大きく分けて3種類のパターンがあり、

2世帯住宅のメリット、デメリットから建築計画を進めましょう。


まず、2世帯住宅には「完全共有型」、「部分共有型」、「完全分離型」

3パターンがあります。

それぞれのパターンの特徴とメリット、デメリットは

完全共有型…玄関が1つで建物の水回りなど全てを家族みんなで使う住宅

      主なメリットとして、光熱費等のランニングコストが

      安くなること、建築コストが低いこと。

      主なデメリットとして、生活スタイルが違うと双方の

      世帯に配慮が必要で、お互いに気を使ってしまう。

      お互いのプライバシーも確保し難い。


部分共有型…玄関は1つで、水廻りやリビングなどの建物の一部分のみ

      一緒に使うことのできる住宅

      主なメリットとして、完全共有型に比べプライバシーが 

      確保できる

      主なデメリットとして、共有している部分の清掃や

      手入れ等でコミュニケーションが必要なこと。


完全分離型…玄関が各世帯に1箇所、合計2箇所で、全ての住宅設備等が 別々になっているスタイル。

      一般的には1階と2階で各世帯が分かれているパターン。

      主なメリットとして、各世帯のスタイルに左右されず

      生活が可能なこと。

      主なデメリットとして、上記の2パターンに比べて

      すべての設備が倍になり、建築費用が上記の2パターンに 

      比べて上がってしまうこと。


上記以外にも、それぞれのパターンで特徴はあります。

価格重視なのか、それとも生活スタイル重視なのか。迷ってしまう部分はいくつもあると思いますが、家族みんなで話して、より自分の家族に合ったスタイルを選んでください。


もしも迷って困ってしまったら弊社スタッフへお声かけ下さい。

あなたに合ったぴったりな家のプランを提案できると思います。





閲覧数:27回

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page