top of page

毎日の食事

仕事の準備や身支度などで朝は忙しいものです。

皆さんは朝食をとっていますか?


私はしばらく朝食を取らない生活が続いてしまっていますが、同じく忙しくて朝食を抜いて1日2食になってしまっている人も意外と多く、およそ25%だそうです。


現代では、1日3食。実はこの「1日3食」が定着したのは江戸時代の元禄期(1688~1704年)以降のことだそうです。

それまでは、朝・夕の1日2食が当たり前。例えば、朝食をお昼に、夕食を夕方4時頃に食べていました。


1日3食に変わっていった理由の一つが、照明器具の発達と

言われています。

照明器具などほとんど使われていなかった時代には、人々は、太陽が昇り明るくなったら活動を始め、暗くなったら眠るという暮らしを

送っていました。

そうなると、活動時間が短い。なので、食事は1日2食で

十分だったようです。


文明の発達により、ちょうちんやあんどん、ろうそくといった照明器具が普及したことで、人々は長い時間起きている事ができるようになり

1日3食になっていったそうです。

昔は照明器具がなく暗かったことを、電気があって当たり前な現代の私達にとっては想像がつきませんでした。


朝食について調べていると、メリットばかりでした。

朝食を食べることで、人は脳にエネルギーの補給ができ、体内リズムと生活リズムのずれをなくすことができるそうです。

逆に朝食を抜くと血糖値が上がり、痩せにくく太りやすいといった

デメリットがあります。

忙しい朝、1日を頑張る為にも自分の為に朝食を食べる事を

心がけましょう。



閲覧数:10回

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page