生活の中に癒しを ~1/fのゆらぎを含む癒しの音楽~

昨今の情勢により、おうち時間が増えてきていると同時に、だいぶ緩和されてきたとは

いえまだまだ様々な規制がある事でストレスを感じてらっしゃるという方も

多いのではないでしょうか。

そんなストレスを少しでも和らげたい、という方におススメしたいのが、『クラシック音楽』です。




「クラシッククラシック?敷居が高い!」「聴いてると寝ちゃうんだよね~」そんな声が聞こえてきそうですが、TVを観ているとバックミュージックとして流れていたり、CMでも使われていたり、意外と生活の中に入りこんでいるクラシック。メロディーを口ずさめる曲もあると思います。

また、クラシックは心身ともにリラックス効果があると言われており、西洋医学会の研究によると脳に刺激を与え、睡眠改善、ストレス解消、免疫力も高めると言われているそうです。

胎教や、精神的な不安や身体的苦痛を和らげる効果を期待する「音楽療法」も音楽の不思議な力を利用しています。

皆さんは『1/fのゆらぎ』という言葉をご存知ですか?

これは人の心拍・こもれび・蝋燭の炎の揺れ方等に含まれている予測出来ないけど心地よいズレがあるゆらぎで、五感を通して外界から1/fのゆらぎを感知すると生体リズムと共鳴し、自律神経が整えられ、精神が安定し、活力が湧くと考えられているそうです。

この1/fのゆらぎが一部のクラシック音楽にも含まれています。

特にモーツァルトの楽曲には多いと言われていますが、その他にもバッハやリスト等、様々な作曲家の楽曲にも含まれています。


それでもまだまだ敷居は高いし、いざ「コンサートに行こう!」となると身構えてしまうかもしれませんね。時間も長いし前述した通り寝てしまう可能性もありますし。

ですが、寝てしまうという事はリラックスしている、という事でもありますし、クラシックは睡眠の質を上げる効果もあると言われています。

寝てしまう、という方におススメなのは、お家でのクラシック音楽鑑賞です。

YouTubeで「名曲クラシック」や「CMクラシック」などと入れると聴いた事のある曲が流れてきますので、聴いた事のある曲を最後まで聴いてみたり、短い曲から聴いてみたり、好きな曲を探してみたり等、楽しみ方は人それぞれです。途中で寝てしまったってOKなのが家でのクラシック鑑賞の良いところ。



クラシック音楽を、溜まってしまったストレスを和らげると同時に、日々の活力に繋げていってみるのはいかがでしょうか?

閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示