• 神明建築工房

断熱の重要性とアレコレ

寒い季節の真っただ中、ぬくもりの恋しい季節ではありますが

かといって暖房を使いすぎると電気代も馬鹿になりません。


そんなときは断熱リフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

断熱リフォームをすると冷暖房の効きがよくなるだけでなく、

湿気やカビなどの問題も改善されるため、より生活しやすい住まいが実現できます。


断熱の甘い所だとこんな症状が出る事も・・・。


<夏場>

・2階(最上階)の部屋がムッと暑い 

・冷房をつけると足元だけ冷える

・冷房がずっと強運転のまま       

・冷房を切るとすぐ暑くなる

・外より室内のほうが暑い


<冬場>

・暖房をつけても床が冷たい      

・足元が温まらない

・部屋の温度にムラがある 

・部屋ごとに温度差が激しい


―――――――もしかしたら、こんな症状でお悩みでは有りませんか?




建物の断熱性が足りていない可能性が

あり、断熱リフォームで改善出来る

場合が多いほとんどです。





・・・・・でも、断熱リフォームってどういうものなの?

そういった疑問に、一部ですがお答え致します。




内断熱

内断熱とは、柱や梁の間に断熱材を充填する方法です。断熱パネルを使用する工法や、

吹き込み工法も、内断熱に含まれます。


【メリット】

費用が安く壁を厚くする必要がないという点にあります。

そのため、狭い敷地のお家で多く採用されています。

【デメリット】

柱や梁によって断熱材が分断されてしまう点にあります。

柱や梁部分は断熱されていないことになるため、その部分から外気の

影響を受けてしまいます。



外断熱


外断熱とは、建物の構造全体を断熱材で覆うという断熱方法です。


【メリット】

建物が隙間なく断熱材で覆われることになるので、柱や梁が断熱されない内断熱よりも

断熱効果がほとんどのケースで高くなります。

【デメリット】

反面、内断熱よりも費用がかかる上、壁が厚くなるため敷地面積や壁の強度が

必要になり、条件面に難が出てきます。




断熱塗装


断熱塗装とは、屋根や外壁を断熱効果のある塗料で塗装する方法をいいます。

壁を解体することなく施工できるので費用を抑えられるのが特徴です。


【メリット】

断熱効果の他に、防音効果があり断熱塗装をした建物は外部からの

車や雨の音等を防ぎ、屋内からの話し声などの音漏れを防いでくれます。

また断熱塗料には、音の振動を小さくする効果もあります。

【デメリット】

熱塗料は、遮熱塗料や一般塗料に比べて材料価格が高い傾向にあります。

しかし耐用年数が15〜20年ほどと耐久性にも優れているので、耐用年数5〜7年程度の

安価なウレタン塗料やシリコン塗料を何度も塗るよりは経済的かもしれません。




――――以上、如何でしたでしょうか?


断熱リフォームは冷暖房の効きを

良くしたり、室温の変化を抑えたり、

カビや結露を防止したりする等快適で

エコな住空間を実現する為に

重要な工事です。

その工法には内断熱と外断熱、

断熱塗装の大きく3種類があるため、

自宅の状態に合わせて選定しましょう。


断熱リフォーム以外でも、住宅でのお悩みのある方は、ぜひ神明建築工房へ

ご相談ください!


22回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
rogo.png

東京都新宿区高田馬場2丁目19番8号

​JR 高田馬場駅 早稲田口から徒歩1分

0120-907-686

©2017  神明建築工房