top of page

部屋に絵を飾りたい

あなたのお部屋、なんか垢抜けないなあと感じることありませんか?

そんなお部屋に「アート」を取り入れてみませんか?


風水では絵を飾ることで良い運気を呼び込むとされています。

絵は窓の役割をすると言われていて

いわゆる“気”の流れを良くするアイテムとして使用されます。

風水を意識して絵を飾る際には方角が大切です。

東 エネルギー、パワー(健康運)

西 豊かさ、実り(金運)

南 知性、才能、名誉(仕事運)

北 安定、子孫、恋愛(結婚運・家族運)

絵を飾る時の方角を意識すると、運気がアップします。


とはいえ、いざ絵を飾ろうとしても、どんな絵を選び、どこに、

どのように飾ればセンス良くなるのか、悩んでしまいますよね。


絵を飾る際には、いくつかポイントがありますが、

その中でも大きなポイントが


※部屋の雰囲気やテイストに合わせる

※インテリアや壁紙の色に合わせる

※目線の高さに合わせる

この3点に気を付ければアート(絵)も素敵なインテリアになります。



小説家の江國香織さんの「日のあたる白い壁」というエッセイのまえがきの中で絵画は物体としては平面ですが、美術館は立体で、

現実に体ごとすっぽり入りこんでしまえる別世界です。

誰をもアリスにする場所です。という一文があります。


さすがに自分の部屋を美術館のようにはできませんが、絵を飾り、眺めることで別世界に連れて行ってくれる。

そんなこと想像しただけで、なんだかわくわくしませんか?


今や絵は誰でも手軽に購入できる時代です。まず絵を購入してから、

それに合わせたインテリアを考えるのも楽しいと思います。




閲覧数:39回

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page