top of page

固定電話のメリット、デメリットについて


理由としてはやはり携帯電話の存在です。

そこでそんな現代に固定電話は必要なのかを考えてみましょう。


・固定電話の特徴

固定電話は携帯電話に比べて

声質が良く、通信も安定しております。

現在の世帯普及率は68%

かつては6000万件あった契約数が現在では2000万件を下回っています。

原因としてはSNSの存在です。

そこで契約数が年々減少している固定電話についてメリット、デメリットを考えていきます。



・メリット

→通話料金が安い

 固定電話は携帯電話に比べると通話料金が安い

→災害時でも使える

 固定電話は携帯電話に比べて通信が良く、わずかな電波でも通話が可能

→安全性が高い

 インターネットなどが閲覧できるスマホに比べてトラブルの少ない固定電話は安全性が高いと言える


・デメリット 

→持ち歩けない

 大きなデメリットの一つかもしれません

 携帯電話は電波の届く所であればどこでも使用可能です

 それに比べ固定電話は一定の場所でしか使用が出来ません

→引っ越しをすると電話番号を変えないといけない

 固定電話には市外局番があり、引っ越しをすると市外局番も変わる為

 電話番号の変更が必須になってくる

→営業や勧誘の電話が多い

 携帯電話を使用していない老人などを標的とした詐欺の電話や

 勧誘の電話が多くなる

→契約から設置までの時間がかかる

 携帯電話は携帯ショップにて平均1~2時間で契約できるのに比べて

 開通工事、電話機の設置、加入権の購入などの手続きや準備が必要になる。



・結論固定電話は必要なのか?

上記にある通りメリット、デメリットがある固定電話だが必要かどうかの

判断をしっかりして設置をするべきだと思います。

会社に設置する場合は使用する事が多くなるが、一人暮らしや携帯電話を家族全員が持っている場合は使用する事が少ないので、その場合は必要かどうか考える事が大事だと思います。


閲覧数:41回

最新記事

すべて表示

収納棚

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page