• 神明建築工房

リノベーションで実現する散らからない家 〜靴の並ばない玄関〜

リノベーションで実現する散らからない家-〜靴の並ばない玄関〜

古今東西、風水では玄関が綺麗でないと良い気が入ってこないと言われています


玄関は外から入ってくる気の入り口

なので、良い気が入ってくるかどうかは

玄関にかかっています。


そのため、玄関が散らかっていると悪い気ばかり入ってきてしまい、


他の場所をいくら良くしても運気はなかなか上がりません。


風水上もポイントとなる玄関をリノベーションするにあたり、いろんな方法で美しい玄関をデザインするのも楽しみの一つです。


【備え付けのシューズボックスを造る】


玄関の土間部分に備え付けのシューズボックスを造ります。

内部は可動式の棚板にし、靴が増えても棚板を増やすことができます。

床から天井までの高さなら大容量ですので、5人家族分の靴でも収納可能です。

収納の下に間接照明を入れて床を照らすことで、土間の部分が広く見える工夫をするのも

いいでしょう。


【シューズクロークを確保する】


玄関の脇にスペースを確保し、シューズクロークを造ります。


扉や棚板などを設置しますので最低でも2畳程度のスペースが必要です。

玄関にこれだけのスペースを確保しようとするならば、後付けの工事ではほぼ不可能です

のでリノベーションならではのご提案です。

棚板に靴を並べるだけでなく、ゴルフバッグやスーツケース、ベビーカーなども収納でき

大変便利な空間になります。



【アイキャッチで視線を玄関奥へ向ける】


玄関に入って正面に飾り棚を置いたり壁にアクセントをつけたりして、

アイキャッチとなるポイントを造ります。

そうすることで玄関扉を開けた際の視線が奥の方に行き、玄関の狭さを感じなくなります。


【鏡で空間を広く見せる】


横の広がりを感じさせるためには鏡が効果的です。

周りにフレームを付けたり鏡をいくつかに分けたり、オリジナルの鏡をデザイン

するのもいいでしょう。

既製品の鏡では高さがぴったりとは合いませんが、造作で造る場合には床から天井まで

ぴったりの高さで造ることができ、より玄関を広く見せることができます。






靴が並ばない玄関は、このように

美しくなります。

是非玄関からリノベーションを

考えてみましょう。





――――――以上、他にもまだまだございます。

もし玄関の事でもそれ以外でも、お住まいについてお悩みでしたら

是非、神明建築工房へ!

37回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
rogo.png

東京都新宿区高田馬場2丁目19番8号

​JR 高田馬場駅 早稲田口から徒歩1分

0120-907-686

©2017  神明建築工房