top of page

家庭用加湿器の歴史について

空気が乾燥し、暖房などの使用も増え各家庭で大活躍する加湿器ですが、いつ・どこで・どのようにして作られたか気になりませんか?  

        

適切な湿度を維持する事が健康と密接な関係がある事は古代から知られているそうです。日本では正倉院の高床式倉庫や囲炉裏で湯を沸かすのは適切な湿度を維持するための道具であり手段でした。




そこで家庭用の加湿器と言うのは長くこの「火を使って湯を沸かす」と言う手法が取られて来ましたが、1926年(大正15年)アメリカニューヨーク州で一人の男が全く新しいスチーム加湿器を発明しました。

きっかけは、彼の幼い子供の病気の治療のために、医者の処方で

アルコール加熱式のクループ窯で湯を沸かして加湿していた際に

これが爆発します。安全な加湿器の必要性を痛感した彼は炭素電極を

使い、空焚きの安全装置を備えた世界初の電気式のスチーム加湿器を

発明しました。

この男が【マックス・カッツマン】

これが世界最大の加湿器メーカー"Kaz"の始まりだそうです。

元々、高温多湿の日本では加湿器の需要は低かったのですが、エアコンの普及やオール電化にした家庭が増えた事もあり近年大きく需要を伸ばしています。

また、悪性インフルエンザ対策の切り札としても効果が期待されているそうです。





加湿器は大きく分けて

スチーム式」、「気化式」、「超音波式」、「ハイブリッド式」

4種類があります。

各種特徴あり、またおしゃれな加湿器も販売されております。これからの季節、皆さまも生活に合った加湿器選びをしてみてはいかがでしょうか?


最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page