雨漏り


みなさんは「雨漏り」と聞くとどのようなイメージを持っていますか?


「梅雨の時期、天井からぽたぽた滴が垂れ

 バケツで水をためる」


というイメージを思い浮かべる方が多いと

思います。




しかし、雨漏りはこれだけではないのです。


 

雨漏りの色んなケース

 

屋根、ベランダ、サッシ、配管、外壁などさまざまなところの不具合から水がしみこみ

雨漏りになることがあります。


実際にサッシからの雨漏りがあった家の人に聞くと

「少量の雨だと気づかなかったけど、雨の日が続いたり、雨の量が多いとぽたぽたと

 滴が落ちてきていて、気づいた頃にはカーテンにもシミが出来ていた。」

ということでした。


原因は外壁に出来たひび割れから

雨水が浸みこんで、サッシの取り付け

ねじ穴をつたって垂れてきていたそうです。


見える場所での雨漏りで早く気がつけて

良かったと言っていました。



そう考えてみると、気がつかないだけで壁にシミが出来ている!!とか

水気のないところに水滴が!!など雨漏りしている家は実は多いかもしれません。


気がつかず長い間ほかっておくと被害が拡大し修繕にも費用がかさみます。

心もお財布も雨雲が垂れ込めないよう雨が多くなる時期の前に、

そして原因をつきとめて手遅れにならないよう早めに修繕をしましょう。


ただでさえ雨の日は気分もどんよりしているのに、雨漏りを気にしながら

過ごすのは憂鬱ですよね。


早めの修繕で穏やかに過ごせる家になりますように。


 


神明建築工房では、おうちで快適に過ごせる

ご提案をさせていただきます。



お困りのことがあれば、いつでも神明建築工房へ!

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示