• 神明建築工房

おうち時間

寒さも明け、本格的に春の陽気が巡ってまいりました。


約1年程前から新型ウイルスの影響により、マスク着用の徹底、こまめな手指の消毒、

密を避ける等々、日々さまざまな要請やルールのなかで生活しています。


ご存知の通り最近では上記に加え、飲食店の時短営業や家庭内での

マスク着用も促されてきております。


このような疲労やストレスが溜まり

やすくなってきている状況下では、

日々のテレビやニュース取り上げられている「おうち時間」が注目されております。


おうち時間の過ごし方の多くは音楽、

映画鑑賞、読書、料理、言語学習や

オンラインゲームなど様々です。



その中でも今回は映画鑑賞、いわゆるホームシアターについて取り上げたいと思います。



まず初めに、ホームシアターとは何か?

簡単に申し上げますと、文字どおり「部屋を映画館のようにすること」です。


ホームシアターに特に定義はなく、こだわる部分は人によってそれぞれ。

家で見たいときに映画が見られる環境があれば、ホームシアターと呼んでいいでしょう。


では、具体的にホームシアターを作るには、何が必要となるのでしょうか?


ホームシアターといえば、うす暗い部屋にプロジェクターとスクリーンを

思い浮かべる方が多くいらっしゃると思います。


しかし、近年テレビが軽量化に加え、高画質化したことで、大型テレビを利用してホームシアターを行われている方も増えてきました。


テレビは画質が良く、明るい部屋でも見やすいというメリットがありますが、

大型になると価格が上がり、スペースをとるなどのデメリットがあります。



それに対し、プロジェクターの場合は、

大画面でも大型テレビより安価で、


白い壁があればスクリーンが必要ないと

いうメリットがありますが、明るい

場所では見にくい、投影にある程度の

距離が必要といったデメリットがあります。



どちらも得意な部分が違いますので、目的や予算と相談しながら決めて

頂くことが重要なポイントです。


32回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
rogo.png

東京都新宿区高田馬場2丁目19番8号

​JR 高田馬場駅 早稲田口から徒歩1分

0120-907-686

©2017  神明建築工房