フェーズフリー こどもみらい住宅支援事業



【フェーズフリー】

日常と非日常の境を取り払う。

いつでも使える。

たとえば、非日常時の練習ができる、

水に濡れた紙でも書けるボールペン。

日常でも使えるライト(太陽光発電付・携帯の充電が可能)

食べなれた味でストレス軽減。

ポテトチップス(5年の消費期限)大手メーカーが保存食の開発へ

いつのまにか防災がというのが、

長続きできて、頑張りすぎないコツではないでしょうか。


【こどもみらい住宅支援事業】

今だけのお得な制度を知っていますか?

 子育て支援、カーボンニュートラルの実現を目的に

創設された「こどもみらい住宅支援事業」が、いま

注目を集めています。

 国土交通省が進める新たな制度で、節水型トイレや

高断熱浴槽の導入など、省エネ性能を高めるリフォームや、

耐震性向上、バリアフリー、家事負担軽減に資するリフォームなどに

対し、最大で30万円(要件により最大60万円)を補助する。

 リフォームの場合、子育て世帯に限らず全世帯が対象となるが、

補助を受けるためには、リフォーム工事の要件を満たしているほか、

事前に事業への登録をしている会社への発注などが条件となる。

 申請受付は、本年3月頃~10月末の予定。

予算がなくなり次第終了となるので、早めにチェックしておきたい。

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示