top of page

百聞は、、、

先日、引っ越しをしました。

距離にして車で5分程の距離に。人生の中で一番近くへの引っ越しでした。

引っ越し理由は、子どもが成長し、動き回るのに必要なスペースを確保できなかった為、です。

ハイハイができるようになってからは、あっちこっちに動き回るので、柵?ゲージ?を購入したのですが、最大の大きさで設置するにはリビングの広さが足りず、苦肉の策として半分の大きさで設置しました。するとその日の晩から夜泣きやら上手く寝れずにぐずったりとストレスを感じているんじゃないかという反応が多く、、、。これは、早急に引っ越しだ!となり、バタバタと準備が始まりました。


 大急ぎの引っ越しなので、時間もなく、内見も多くはできません。私は元々、「百聞は一見にしかず」な人間なので、ネット情報を見るよりも実際に物件を見ないと決められない人間です。前回の引っ越しは時間のゆとりもあったので、気になった物件を全部見て決めたくらいですが、ちょっとの時間で子どもにかかる負担が大きいかもしれない、と思うと、ネットに上がっている写真、間取り図から何とかイメージを沸かせ、妻と内見する物件を絞っていきました。


 そんなこんなで内見する物件と日取りを決め、内見も無事スムーズに終えました。ネットでの予想通りだった物件もあれば、良くも悪くも予想外だった物件などいろいろありましたが、案内してくれた業者さんと話していて、いろいろな発見や外には出てきていない自分の希望がわかりました。

今回の希望は、①子どもが不自由しないくらいの広さ②生活環境が変わらないくらいの距離、の2つだけのつもりが、小さな子どもを連れての買い物の大変さや家の中での育児のあれこれなど、たくさんのアドバイスを貰い、いろいろな側面で吟味することができ、前回よりも納得の物件探しをすることができました。


今回のことで学んだことは、「百聞は一見にしかず」ですが、専門家の方の声は自分の一見よりも勝るので、専門家の方の百聞を積極的に集めよう、と思いました。特に一生の内で数多く経験できないもの(今回でいえば、引っ越しですが、冠婚葬祭やマンションや家の購入、住宅リフォームなど)は知らなかった、分からなかったで切り替えるにも難しく、すぐに替えることもできずに大きな後悔になってしまうのではないでしょうか。

 「百聞は、、、」とともに『聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥』も心に付け足し、日々を過ごしていきたいです。








閲覧数:13回

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page